Just another WordPress site

ブログ



5月が近づいている・・・

こんにちは(^.^)

 

 

 

お久しぶりのキング博多のトミーです♬

 

 

 

5月は自分の誕生日が近づいてます・・・

 

 

 

 

あぁ35歳に自分がなるなんて・・・

 

 

 

 

まだ気持ちは20歳なのに・・・

 

 

 

 

嬉しいやら悲しいやら・・・

 

 

 

 

ではこの辺で(^.^)

 

 

 

 



源さんはいかがですか。

おはようございます。

キング博多店のキムです。

源さんのミドルが出てから出玉の早さを実感して

更に増台するお店も増えて来ました。

今回の源さんのライトミドルタイプは

どんな感じですか。

初当たりの数が多いから楽しめる機種じゃないかと

思いますが出玉が欲しいお客様にとっては

出玉感がないと思いがちですが

差的にはミドルとあまり変わらないと思うので

1発勝負だったらミドルがいいと思いますが

長く遊ぶ目的ならなおさらライトミドルが

いいと自分個人的には思ってます。

これを見てる皆さんの中でまだ

源さんを打ってない方は押す一しますので

是非打って見てその破壊力を身で感じて下さい!

最高何連したのかもしくは何連したのを

見かけたのか皆さんの返事をお待ちしております。

ではまたお会いしましょう!



四千年の占い教科書

皆さん こんにちは!

4月に入り、気温が夏ほど暑くて大変だった。

皆さんはお元気ですか?

日本の皆さんが占いか相性などことが好きなイメージが強い。

占いが謎な力で、一般人がなかなか持ってない神様の力だと思われるが、

実は四千年前に占い用教科書もうあった。

一般人にも神様の力を借りられて占いできる。

この教科書が「周易(しゅうえき)」だ。

「周易」がいつか出来たのはいろんな噂がある。

一番人気な噂が周の時代で周文王が占い技術を整理して、「周易」を作成した。

「周易」の占い方法が0と1この2つの数字で8つの占い基本図を作り、

その後8*8=64枚の図でいろんなことを占いする。

「周易」を更に整理と訳した者が中国の学問家—孔子。

孔子も占いことが上手な方と言われ、

孔子の弟子たちも「周易」を勉強しないといけない。

漢の時代から、政府の官僚から学校の学生まで、「周易」を必ず勉強する。

しかし、三国の時代が終わったから、「周易」の占い能力が持つ方がだんだんなくなってしまった。

たまに、一人か二人か占い上手な方がいても、三国の時代の諸葛亮や左慈などの名人と比べられない。

現在、中国の大学も「周易」の専門授業がある。

しかし、勉強したい若者がいなくなってしまった。

中国の四千年の占い文化もだんだん消えるかもしれない。



痛い!

こんにちは(^.^)

最近身体のどこかしらが痛いです。

朝起きたら急に痛くなるんです。

放置してたら大体治るんですが、その日1日地獄です。

今日は股関節が痛いようですw

さよーなら



4月13日

 

こんにちわ Ask.です

4月も中旬ですねぇ

日中は暖かくなってきて私は毎日眠たい日が続いています( ーωー )zzz

最近はというとモンハンライズもGetしてお家で狩り狩りしてますww

今回のモンハンは今までと仕様が、がらっと変わっていて

なかなか手こずる要素が多くなってて(´・ω・`)

でも便利になった所もあってなんだかんだ楽しんでます(*´ω`*)

 

そんなAsk.ですが、よろしくお願いします←←

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.